komicomでは鮨の製作も行なっております。
奥深いこの領域には以前から踏み込みたいと思っていましたが、やっとのことで、このほどその道35年のプロに出会い、鮨の哲学から魚の捌き方、握り方、盛り付け方、までを教授され、機会がある度に出張製作をしています。
評判もなかなか上々、リピーターもおられます。
日本人なら覚えておきたい鮨の握り方、「今日はお鮨よ」で手巻き寿司ではいただけない。


komicomでは盛り付けに使う器にもこだわります。
今のところの理想といえるのが、「time&style」の SLATE
硯の素材として古くから使われてきた雄勝石を使用したこのシンプルな器は、鮨とのコントラストが素晴らしく、komicomの鮨製作に欠かせない役者です。



某企業での「出張握り鮨」。
低価格でとても贅沢なひと時をお過ごしいただけます。


様々なイベントに呼ばれ、握り寿司のパフォーマンスを行っております。
是非、ご用命ください。


後ろに控えるのは、アシスタントのちーちゃん。
仕込みのほとんどは、ちーちゃんがやっています。

2006 komicom all light reserved.